FC2ブログ

淫獣の棲みか 其の五



「なぁ旦那さん、あんたの奥さん、ふへへ、見てみぃ」
「うう=!ううう!=」
我に戻った夫は首を激しく振り、縄を解こうと暴れだしました。

男の一人、一郎が夫の前に屈み込んで言いました。
「あんたらとは仲良うできそうじゃ」
「どうやら、儂らとおんなじ趣味みてぇじゃからな、へへへ」
「鞄なかあったこの縄、これで奥さんを縛るじゃろう?」
「ううう=んうう=!」
夫は一郎から見せられた縄に驚き、呻きながらまた首を振りました。

「だがな、儂らはあんたらみたいな、ままごと遊びじゃねぇ」
「縛りあげたおなごはなぁ、み~んな地獄と極楽に連れてってやるんじゃ」
「地獄と極楽を行ったり来たり、、どっちかわかんようになるまでなぁ」
夫は最初は一郎を睨んでいましたが、話しを聞かされるにつれ、
怯え、侘びるような表情になっていました。

そして、その同じ眼差しで、私のほうを…。

男達もゆっくりと私のほうを向いて、黙って笑い始めます。
「あ、あなた、あなたぁ、」
これから間もなく、、始まる? 始まろうとしている?
…漂ってくる妖気が気配となって肌の表面を撫でていきます。
「いや!いや!、、いやっ!」
男達が順番に立ち上がりました。
「さてと、、、」男達が近づいてきます。
「いや!やめて、お願い、お願いします」
「お金だったらいくら、いくらでもあげます、だから、、だから、お願い!」

一郎が目の前に来て言いました。
「奥さん、『火』じゃ、『火』なんじゃ」
「これから、『火祭り』なんじゃ」「儂ら、そう呼んじょる」
「ここで吊られたおなごはの」
「み~んな火みてぇに燃えるんじゃ、ぼぉぼぉと、、」
二郎が
「ぼぉぼぉ~、ごぉごぉ~、めぇらめら~、」
三郎が
「火あぶりじゃ、燃えるんじゃ~、うほほほ」

三人は私の顔の前で、酒臭い息を吹きかけながら、
かわるがわる私の顔を覗き込んできます。
「いや!いや!いやぁ、やめてぇ!」
二郎が何か器のようなものを私の目の前に差し出しました。
その器はすり鉢で、中にどろどろしたものが入っていました。
「これ、さっき膳に出したろう、山芋じゃ」
「ふつうは食うもんじゃが、別の使い道もあるんよのぉ」
「ちょこっと別の薬もまぜちょるけどな、ほほほ」
「これをのぉ」
「あっ!いや!な、なにを、なにを!」

二郎は人差し指と中指をすり鉢に入れ山芋をすくったと思ったら、
下着の下へ手の滑り込ませ、私の…あそこに、塗り込んできたんです。
そして、、膣の中にも…。
「あっ、いやっ!、やめて、さわらないでっ!いやっ!」
「ふふ、ふふふ」
男達は笑いながら私の足元に座り、胡座を組み、見上げて眺めています。
なにかが始まるのを確信しているように… 余裕の表情で。

その兆候はすぐに始まりました。
「あっ、いや! だめ、だめ、、」
「あなた、あなた!助けて」
夫のほうを見ると、うつ伏せの状態で首を上げて振りながら、
「う、んうう==!んうう=!」
夫は猿ぐつわの中で、やめろ!やめろ!と言ってるのがわかります。

兆候は次第に激しい痒みとなり、
それは、耐える限界を超えようとする勢いで襲ってきました。
足は開かされているので摺り合わせることもできません。
それでもじっとしてはいられず、身を捩って、縄を解こうと必死でした。
鴨居と縄はぎしぎしと音をたて、踏ん張った指で畳もよれてきます。
汚れと一緒に擦れてほころんでいた畳の痕は、
私と同じ目に遭わされた女性達の痕跡なのでしょう。

汗が全身から吹き、涙がこぼれ、知らぬ間に涎が唇を濡らしていました。
「お願い!ほどいて! も、もう!いや!」
二郎「効いてきたようじゃのう、奥さん」
三郎「火踊りじゃ、火踊りじゃ、うほほっ」
「痒い!痒い!痒いんです!いや!いやっ」もう気が変になりそうなのです。
「どうにかして!、ねっ!、お願い!」
はっと、今言ったことの意味を悔やみましたが、それもすぐ忘れて、、
「お願いです!なにか、、なんとかしてください!」

一郎「奥さん、どうして欲しいんじゃ?」
「どこをどうして欲しいんじゃ? 言ってみ」
「お願い! 縄をほどいて」
「いやぁ残念じゃが、それはできんのぉ」
「じゃが、痒いんのをどうにかしちゃるのは、できるがの」
〈な、なんでもいい、、なんでもいいから〉
かろうじて言いとどまりました。
「お願い!早く!」
「ほほう、そうか、そうか、わかった、わかった」

二郎「それじゃあのぉ」
「『私をすっぱだかにして』って言うてみろ」
「え、え? なに? そんなこと、そんなこと!言えない!、、」
「じゃったら、どうにもしてやれんのぉ」
「いや、いや!、お、お願い!、、」
「もうひと塗りしてやろうか?」
「いや!いや!あああぁ~」
〈わ、わ、、わたしを、私を裸にして〉
「ん?なんて言うた?聞こえんかったぞ」
「わたしを、、裸に、して…」
「よしよし、奥さん、素直でええ、ほほほ」

「ううう==!」夫は体を激しく揺らしています。

二郎と三郎は目で合図をして立ち上がりました。
「可愛いおべべじゃが、、仕方がねぇのぉ」
「あとでな、儂らとおんなじ褌をつけちゃるけぇ」
そう言うと、二郎はキャミソールを咬み、両手で一気に破り裂いたのです。
ビリビリビリ、ビリビリビリ、
「あああ~~、いや、いやぁ~~」
今度は三郎がショーツの紐に手をかけました。
私は、私は全裸にされる… 
夫の方を見ました。夫は…夫は目を背けています。
そして、紐が解かれて、ショーツは畳の上に落とされました。

私は、とうとう、…一糸まとわぬ姿にされたのです。


12_7a.jpg


「ほおぉぉぉ~、おおおぉぉ~」
「奥さん、、ほんま、ええ体しとる、ほれぼれするわぁ」
「ほんまじゃ、乳もでけぇし、いうてもそう垂れてねぇしな」
「おめぇのかかぁとは大違いじゃ、のぉ三郎」「お? お、おぅ」
「お毛毛も黒々じゃ、んん、艶艶しとる」
私は隠すこともできません、もちろん、閉じることもできません。
「あああぁ~~、いやぁぁ~~」

一郎がさっき鞄から取り出した、(私達の)玩具のところへ行きました。
そして、手に取り、こちらに戻ってきました。
夫はその動きを視線で追っています。「うう=!ううう=!」
「奥さん、せっかく用意したんじゃ、使わんとのぉ」
「これで痒いぃところを掻き回したら、楽になれるぞ」
赤く艶のあるゴツゴツした玩具、手にあるのは、男性器を型どった張り型です。
それを私の目の前に…、「いや、いや」私は首を振りました。
一郎は片手で顎を掴み、口の隙間から、無理矢理押し込んだのです。
「んぐぐ~、んぐ、んぐ」

「なぁ一郎、唾でまぶさんでも、もうぐちょぐちょになっとるぞ」
私の開かされた陰部を覗き込んでいた三郎が言いました。
一郎は私の口からそれを抜くと、今度は自分の口に入れ、
付いた私の唾液を味わうようにくるくると舐め回しました。

私は、…私は焦らされているのです。私が催促するのを待っているのです。
〈お、お願い…〉
〈…入れて、は、…はやく〉私は心の中で懇願していました。
もう、夫のほうを見る勇気はありません。

私のあそこは、もう、気が狂いそうなくらい、痒くて、
痒くて、たまらないのです。「あうあぁぁ~~」
でも、実は、それだけじゃありません、痒いだけでは…、
熱くて、なにか蠢くような、じわじわと、時にぶわっと湧いてくる、
得体の知れない、未知の快感の渦に巻込まれていたのです。
〈ああぁ~欲しい…〉
それは…、赤く太い張り型を口に含まされた時から…。


12_7c.jpg


知らぬ間に、三人の男達はそれぞれ別々の玩具を持っています。
そして、男達は身を屈め私の視界から消えました。
いよいよ… もう… ああぁ~、くる?、くるの?
男達の後ろにいた夫が見えました、ぼろぼろと涙が溢れました、そして、、
そして…目を閉じました。

玩具が入口に触れたとき、電流のような激感が背骨を抜け脳天まで貫きました、
「ひっ! 、、あっ、あっ、いや!」

「火祭りじゃあ うほほほほ」

「ああぁ、あ、あああぁ~~」



張り型の頭が陰唇を押し分け、入口に留まったかに感じると、
私の下半身は自発的に開いた姿勢をとっていました。
男(もう誰なのかわかりません)はそれを見届けると、
間をおいて、ぐっと、ひと押ししてきました。…ぬるり
入口の抵抗を抜けると、張り型の頭は、痒みで敏感になった壁をなぞって、
奥へ奥へと滑り込むように入っていきました。
そして、ついに、…子宮の壁に。引きつった息で声は出ません。
張り型は回転しながら子宮を押しあげ、そして、ひと呼吸して、
捩られながらまた来た路を戻っていきます。また…ぬるりと。

「あ、あ、あああぁ~~」
引かれると同時に息の栓が抜かれたように、声が漏れていきます。
その繰り返しが始まりました。
いや、いやぁ、、〈もっと、もっと、、〉
男の抜き差しは焦らすようにゆっくりと。
〈もっと、擦るように、、強く!〉
壁にまとわり付いた痒みの根源を削りとるように、〈して!〉
そのジレンマに、私の脚は開き、腰はくねり、
張り型を扱う男に合わせるように、悶えていたのです。

夫の目は今どこにあるの? 何を見ているの? 私を見ているの?
その目に、私はどんなふうに写っているの?

男の手の動きが早くなります。
張り型の抜き差し、ぐちゅ、ぐちゅ、という淫らな音。
「ふほほ、奥さん、気分がでてきたようじゃな、聞こえるか?この音」
ぐちゅ、ぐちゅ「あぅ、あぅ、あぅ、あぅ、あぅ、」
痒みを忘れるほどの摩擦、、快感が勝る、、快感が押し寄せてくる。
今まで経験したことのない激しい『なにか』がやってくる?
怖い! 恐ろしい! いやだ、感じたくない!

「いや、いや、いや、、、やめて、、」

抜き差ししていない二人の男達は、私の体を執拗にいたぶっています。
舌が這い、唇で吸われ、触手のような掌で撫でられて。
うなじ、くびすじ、ちぶさ、わきばら、しりたぶ、もも、ふくらはぎ、
私のあらゆる部位は男達の酒臭い唾液にまみれているのです。

「もう、、もう、やめて、お願い」
「遠慮せんと、、気をやればええ」
「ほら、いけ、いけ、いけっ」

得体の知れない『なにか』がやってきそうなのです。
その…もの凄い波が…。もうそこまできてる!
感覚を超えて、快感を超えて、『なにか』に『どこか』へ連れていかれる!
『なにか』に出会ってしまったら、もう普通にもどれない…。
『なにか』なしでは生きられない、体になってしまう。

「だめ!だめ!やめて!!これ以上、、、」
私が言葉にできた最後の訴えでした。
「う、う、うっ」
男は抜き挿しはさらに激しくなっています。
「ほれ、ほれ、ほれっ」
片手の指はクリトリスを擦っています、抜き挿しと絶妙な合わせ方で。
吐く息が詰まってきました。
波は次第に強く、大きく、勢いを増してきます。


12_7b.jpg


「うっ、うっ、いっ、いっ、いっ、」
「いっっ、いっっ、いぎっ、いぎっ、くぎっ」
「いっい~~~、いぎぐぅぅ~~、うぐぅぅ~~」
「いぎ、いぎいぐぅぅぅ~~~~~~~!!!」

そうです、、私は、昇りつめて、、
と思ったら、さらに昇りつめて!、またさらに、、、!
そして、、尽きて、果てました。

永遠のような時間を感じました…。
私の気のすべてが絞られて、残らず天に押し出されるように、、
その強烈で驚愕なエクスタシーは、私の『生まれて初めて』でした。
『なにか』に呑まれ、支配されて、、
私は気を失ってしまいました。すべて尽き切ってしまったように。

意識のないままに、男達はまた続けました。
再び『なにか』の予兆に意識を呼び戻され、また波の中へ投げ込まれます。
恐怖のエクスタシーは衰えをみせず、何度も、何度も…。
例の痒みは消えたわけではありません、執拗に襲ってきます。
「も、もう、、ねぇ、、もう、、ゆるして」
何度、、昇りつめたのでしょう? そいて果てたのでしょう?
私は逝き疲れて、息絶え絶えになっています。「ねぇ、、もう、」

男達は縄をほどいてくれました。
いえ、、いえ、ちがうのです。縛りを変えるためだったのです。
私の体は、まだ容赦なく、好き放題に弄ばれ続けられているのです。
そして、玩具を変え、抜き挿しを続け、体を撫でられ揉まれ続けられました。

「いっい~~~、いぎぐぅぅ~~、うぐぅぅ~~」
「いぎ、いぎいぐぅぅぅ~~~~~~~!!!」

私はまた失神しました。
今度はもっと遠くへ意識が行ってしまったようです。
遠のいていく意識のなかで、、、

男達の笑い声と、夫の呻き声が、聞こえてました。


 {つづく}


12_7d.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

管理人さん
続き、ありがとうございます。
リアルでしたことありませんが、山芋はトライしてみたいですね。
まさに、SMワールド!

おはようございます

鐸さま
SEAさま

おはようございます。

鐸さま

新作ありがとうございます。

どれも官能的で刺激的です。

蜘蛛の巣にかかった蝶に醜い蜘蛛達が襲いかかる。

赤い羽根はボロボロに引き裂かれ、すぐには殺さず生殺し。

昭子さんの肢体に舌を這わせ味わい、柔らかい唇も白い乳房も汗をかいた腋も。

甘い匂いが香る体がみるみる男達の唾液臭にかえられる。

男たちの匂いに染められ理性とプライドが崩されていく。

山芋の効果。

緊縛の絶望。

押し寄せる甘美な快感。

性を知ってる熟女だからこそ体が止まらなくなる。

火がついた体は燃え尽きるまで。

いえ、燃えかすになってもドンドンと薪を入れられ無間地獄に堕ちていく。

昭子さんの鳴き声、嗚咽が鬼たちの心を刺激する。

骨の髄まで食い尽くす。


あぁ
鐸さま。

私、また朝からムラムラしています。

鐸さまの世界に入りたい。

SEAさんへ

おはようございます。
ありがとうございます。

山芋は私も試したことはありません。
かぶれることも考慮して、
まずは、自分で試してみるのがいいかな。
でも、どこへ塗るんだろう?(笑

真理子さんへ

おはようございます。
ありがとうございます。

真理子さんの描写は官能的です。
男達、昭子の表情がより鮮明に、そして匂い、
嗚咽までもが聞こえてきそうです。

私も、読んで朝からムラムラしてきました ^^

此処は貴女の棲みかでもあります。

No title

こんにちは。

管理人様、ありがとうございます。羅羅は、現在生理中であるにもかかわらず、濡れてしまいました。

こんな快感、是非経験したいモノです。

こんばんは

鐸さま

優しいお言葉ありがとうございます。

今日は午前中に用事で出掛けておりました。

帰宅して鐸さまの作品をみながら妄想にはいりました。
まだお昼過ぎなのに昭子さんと同じように全裸になり首輪と股縄だけの姿になりました。

体が熱く火照ってきます。


乳首に洗濯ばさみをつけて四つん這いになりました。

お尻を高く掲げて両手でお尻を拡げました。

一郎さん二郎さん三郎さん。

真理子のお尻を見てください。

寝室の姿見に私の裸が映るようにしたら

第三者から見る角度になります。

なんという恥ずかしい姿


秘貝も秘貝の回りの毛も。

自分で見たこともないアナルも丸見えになっています。

三兄弟の視線がいたいほどわかります。

恥ずかしいのに。

淫らな行為を自ら進んで行う私。

どんどん秘貝から蜜が溢れてきました。



あんたが自分で豆を弄って気をやるところを見せくれ。
その声が誰の声かもわからず中指で花芯をコリコリし始めました。

ほれ!

もっと擦らんか!

ほれ!

気持ちいい声を出さんか!

お尻を撫で回しながら、尻たぶを叩きながら。

私は三兄弟を喜ばせるように・・・

あぁ!

いやぁ・・

んんんっ・

あはぁはぁ・

淫声がでて・

もう・

もうイキそうです!

ああぁぁ

イッ・

イッてあぁぁぁ

いいですか?


堪え性のない女じゃな(笑)

スケベ汁を溢れさせていやらしいのぉ(笑)


あぁぁあんあぅんんんっ

あぁぁ・

イ・イク!

イッ・クゥ!

イキます!!

あぁぁぁ

いいッイクゥ!!


中指が止まらず一番感じるところを夢中で擦りイキました。



暫くは四つん這いのまま、放心して昭子さんの妄想に浸っていました。


鐸さま

恥ずかしい報告でした。

羅羅さんへ

こんばんは。
こちらこそ、ありがとうございます。

被虐的快感と肉体的快感。
連鎖すればば深い快感になりそうですね。
疼きも激しいほど快楽も大きくなって…。

真理子さんへ

こんばんは。
(淫らな)ご報告、ありがとうございます。

読んでいてら次の展開への発想が次から次へと…。
このシリーズ、永くなりそうな予感 ^^

私の与えるモノで、
こうして真理子さんが乱れて、、嬉しいことです。

おはようございます

鐸さま

おはようございます。

今朝は雷の音で4時頃に目が覚めちゃいました。

居間に行ってCS放送をつけたらちょうどセックスシーンがやってて(///∇///)

ムラッとしちゃいました。

今日もよろしくお願いいたします。

真理子さんへ

おはようございます。

こちらも夜中に雷がなっていました。
それに強い風、全国的に冬の嵐のようですね。

外は嵐、風の音を聞きながらのまぐあい。
つい…、激しくなりそうです。

落ち着かない夜(朝?)、でしたね ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

おはようございます。
ありがとうございます。

また乱してしまったようですね。

大きな波に呑み込まれ、そのまま沖へ連れ去られ、
渦に巻かれ、吸い込まれるように堕ちていく、深い底へ。
溺れるのは怖いけど、この苦しさを忘れるために溺れてしまいたい。

続きを描かなくては。ですね。
プロフィール

鐸(たく)

Author:鐸(たく)
中国地方在住。
50代男性。
自作の緊縛画、責め画を展示し、
その想いや色事を綴っています。
18歳未満のかた、
不快と感じられる方の
閲覧はご遠慮ください。

リンクはご自由に。(ご一報頂ければ有り難いです)
色々なご意見やご感想もお待ちしております。
メールフォームからもどうぞ。

ブロともさん募集中、気軽に声をかけてください。

最新記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR