FC2ブログ

淫獣の棲みか 其の三




男達が部屋から出て行った後、
夫はお風呂を借りようと言いましたが、私は断りました。
まだ男達がこの近くにいるようで怖かったのです。
それに、あの下着をこの状況で夫に見せたくありませんでした。
下着を付けてきたこと、今になって後悔していました。
私はタオルで顔と体を吹き、洋服のまま布団の中へ入りました。
夫は私に申し訳ないと謝り、二枚敷かれた別の布団へ。

私は目を瞑って眠りにつこうとしましたが、
男たちの、あの、薄気味悪い笑い顔が目に浮かんできて、
なかなか寝付けませんでした。

しばらくしたら床の軋む足音が近づいてきました。
そして、襖を叩く音が…。
夫は起き上がって襖越しに何の用か尋ねました。
「いらんちゅうて言っとったが、あんたら、何も食うてないんじゃろ」
「間に合わせじゃが、飯を作ってやったから食うたらどうじゃ?」
「離れの部屋に用意しといたから」
私は首を振って、断ってくれと小声で催促しました。
しかし夫は、
「せっかく好意で作ってくれたのに、、断ったら悪いよ」
「食べたら、すぐ戻ればいいじゃないか」
そういう夫の言い分を渋々ながら受け入れて、
私達は宿の主人のいた離れへ向かいました。

食事を用意してあるという部屋の襖を開けると、…なんと、、
帰ったと思っていた、あの二人の男が座っているのです。
お膳が五つ… 輪を囲むように並べられ、
二人の男は胡座をかいて手招きをしてきました。
私が引き返そうとした時、
後ろから宿の主人がやってきて、私達の体を中へ押すように、
「まぁまぁ、遠慮せんと、なかへなかへ、」
「酒も持ってきたけえ、上等の酒じゃあ、さぁさぁ」
「いえ、私たちは…」
「さぁさぁ、つったってねぇで、さぁ」
夫は手を引かれ強引に上座の膳の前へ。
座らされた夫は目配りで隣へ来いと私を呼んでいます。

男達はもうお酒が入っているみたいで赤い顔をして、
浮かれた様子で陽気に笑いながら喋り合っています。
男達は私達にも酒を薦めましたが、もちろん、私は断りました。
でも夫は、いい酒だからと無理矢理湯のみを持たせられ、
一杯だけでもと注がれた酒に口をつけ、
そして、また… 止める私の隣で杯を重ねていったのです。

「奥さんはいくつじゃ?」
「えらいべっぴんさんじゃのう」
「そうよ、一目みたときからそう思ったぞ、儂も」
「おいおい、そりゃあくどいとんのか? 人様の嫁さんじゃぞ」

私はその下衆なやりとりに薄く微笑みながらも目は合わさず、
下を向いたまま黙ったままやり過ごしていました。

「へへへ、のう、旦那さん」
「あんたの奥さんはべっぴんで、羨ましいのぉ」
「ありゃ? どうしたんじゃ 旦那さん」
「おいおい、もう酔ってしもうたんかのぉ」

夫の異変にその時初めて気付きました。
柱によりかかって首をうな垂れて、ぐったりしていたのです。
夫のそんな姿は見たことがありませんでした。
なぜなら夫は、お酒は強いほうだったのです。

「だいじょうぶか?、旦那さん」
「隣の部屋で少し休ましちゃろうか」
「おめぇら、ちょっと手伝うてくれ」

夫を部屋まで連れて行ってくれと頼みましたが、
皆酔っていて聞こえないのか、面倒くさがっているのか、
夫は三人がかりで隣の部屋に運ばれていきました。
男達が戻ってきて、私の隣に座り、

「奥さん、旦那さんおらんなったな、どうする?」
「ええやないか、まだまだ宴会じゃ宴会じゃ」
「奥さんも一杯どうじゃ?」
私は意を決したように勢いよく立ち上がって、
「私は部屋に帰ります!どうもご馳走様でした」
「すみません、通してください」
「奥さん、旦那はどうすんじゃ?」
「起きたら部屋に戻るように言ってください」
立ち上がった私を、男達はまた薄ら笑いで下から眺めています。

私は男達の膝の前を抜けて襖の方へ行こうとしたその時、
「奥さ~ん、もうちょっとええじゃねぇか、のぉ」
男の手が私の腕を掴んだのです。「あっ!」
私はその拍子にバランスを崩し、
腕を掴んだ男の膝の上に、お尻からしゃがみ込んでしまいました。


11_27a.jpg


「おっとっとぉ、だいじょぶか?奥さん」
「ありゃりゃ?、奥さん、今パンツが見えたぞ」
「なんじゃそのパンツは?、すげぇ色しとったぞ」
「おお?そうなんか?おいおい、儂も見せてくれぇ」

膝の上に乗ってしまった後ろの男の両手が腰を回して私の動きを止め、
二人の男の手が私ワンピースの裾に伸ばしてきました。
「何をするんです!離してください!」
「駄目!離して、、離して」「あなたぁ!あなたぁ!」

私はその場で押し倒され…、
仰向けになった私の両手を一人の男が、両足を二人の男が押え込みました。
「何を、何をする気なの? お願い、離して! 嫌!」
それまでの男達の笑いは…荒い息使いに変わっていました。

「奥さん、堪忍じゃ」
そう一人の男が言うと、ワンピースの裾を一気に…
「おおおぉ、なんじゃこの下着わぁ」
「ほんまじゃ、ほおぉ、えろいのぉ」
「嫌!嫌!離して!、これは、これは違います!」
ワンピースは首元までたくし上げられ、
あの赤い下着が男達の目に晒されたのです。
「澄ました顔してからに、奥さんもなかなか、、じゃのう」
「やめて!見ないで! お願いだから、離して!」


11_27b.jpg


私は足で蹴って振りほどこうとしました。
思いっきり引き込んだ片足が男の手から離れたので、
勢い任せで掴みなおそうとした男の胸を蹴りました。
「おぅ、いてて! このあまぁ!」
「ほほほ、なにやっとんじゃ、しっかり掴まえとけぇ」
蹴られた男は険しい顔をして体勢を立て直し、
挽回するように力任せで両足を抑えてきました。

「あっ! 嫌っ!」
その勢いで閉じていた両足が開き、大きく股を割られてしまったのです。
「ありゃ?なんじゃ? そりゃあ染みか?」
「おお、そうじゃ染みじゃ、パンツが、股のとこがよごれとるぞ」
それは、今朝下着を付けた時の…、想いをめぐらして濡らした痕でした。
「奥さん、あんた、好きもんじゃったんか? なぁ、そうなんか?へへへ」
「そうかそうか、そうじゃったら早よぉ言うてくれりゃあ、、ほほほぉ」

私は、、その言葉を聞くと、体の血が全部逆流してくるような、、
鳥肌が一気に立ち、全身が痺れ、力が抜け、目の前が真っ暗になって、、、
そして… 意識が薄れて、気を失ってしてしまったのです。

 {つづく}


11-27c.jpg



淫獣の棲みか 其の二




11_25a.jpg



道中は長いので、時々サービスエリアに寄って休憩をとりました。
夏の終りといっても蒸し暑い日でした。

車から下りることが、少し恥ずかしく感じます。
あの下着が… 強い陽射しに透かされて見えてしまいそうな錯覚。
人の視線が私の中に向けられているんじゃないかとか…。
それに、いつもは着ない、裾が短めで胸元が目立つワンピースも…。

もちろん下着のこと、夫は知りません。
今夜、驚かしてやろうと思ってましたから。
車の中では、それを避けるように他愛のない会話ばかり選んでました。

高速道路を下りて、県道に入り、それから脇道に入り、
峠の山道を2時間ばかり走る予定でした。
その山道は細く鬱蒼と茂った木々の間を蛇行しながら続いています。
頼りにしていたナビの調子がおかしいことに気付いたのは、
陽が沈みかけて、あたりが暗くなり始めた頃でした。
進むごとに道は細くなり、とうとう通れない程になってしまったのです。
引き返しましたが何処で道を誤ったのか、来た道には戻れず、
次第に、いったいここは何処なのか検討がつかなくなりました。
どんどんと暗くなり、灯りらしきものはなく、
気が付くと辺りはすっかり闇に包まれて…。

もう動くのを諦めて車の中で朝まで待つ覚悟をしようとした時でした。
後ろから1台の車がやってきたんです。
夫は手を振り、その車を停めました。車に乗っていたのは二人の男。
「あんたら、こんなとこで何やってんだ?」
夫は事情を説明して、目的地のことを尋ねました。
「ああ、その温泉郷なら生憎だけど今はやってねぇよ」
「こないだの大雨で土砂崩れがあって今は通行止めだ」
困って考え込んでいる夫を察した男は、
「そうだ、この先に今はやってねぇが旅館があってな」
「主人はわしの知り合いじゃから、泊まるぐれぇなら、開けてくれるかもしれん」
「そこはせめぇ風呂じゃが、温泉も出とるぞ、なぁ」
「ああ、たまにわしらも浸からせてもらっとる」

二人の男はそうしゃべりながら、ちらちらと私の方を見るのです。
気味の悪いうすら笑いを浮かべながら。

夫は「どうする?」という素振りで私を見たので、
私は首を振りましたが、結局、その宿でお世話になることになりました。
「ねぇ、ほんとうにそのお宿に泊まるの?」
「んん・・・仕方ないじゃないか」
男達の車の後ろを私達は付いて行きました。
旅館に着くと二人の男は離れに行き、戸を叩き、宿の主人を呼びました。
出てきた主人らしき男は私達をちらっと見たので、私達は車の中で会釈をし、
それから交渉する三人の成り行きをじっと見ていました。
宿の主人は承諾してくれたようなので、私達は車を出てもう一度会釈をし、
三人の男達と用意してくれた部屋のある建物へと歩いて向かいました。

旅館と言っても長い間使ってない感じで、
壁はところどころ剥がれ、畳はあせ、天井には蜘蛛の巣が張り、
埃っぽくカビ臭い匂いが部屋の隅々まで充満していました。
主人の男はこれから片付けるからと言って、私達の前で掃除を始め、
何故か二人の男も手伝っていました。
その後、主人の男が布団を離れから持ってきてくれてました。

夕飯は?と訊かれましたが、夫が答える前に「いらないです」と私は答えました。
私は、もうこれ以上、その男達と関わりになりたくなかったのです。
…薄気味悪く笑う男達から離れたかったのです。
早く朝を迎えて、ここから出て行きたかったのです。

宿の主人を含む三人の男にお礼を言って、
もう疲れたから休みたいと告げたら、男達は場を立ち去る気配を見せました。
私は、もう一度、丁寧にお辞儀をしてお礼を言いました。催促するように。
男達は返事をしない代わりに、また私に向かってにやにやと笑いかけました。

気味が悪かったのは、まだあるんです。
三人は皆、坊主頭で、眉毛は薄く、太い首、毛深い腕、無精髭
三人ともよく似ているのです、風貌も、…顔も。
そして皆、人を蝕むような目つき …をしてました。

 {つづく}



11_25b.jpg



淫獣の棲みか 其の一



結婚20周年を迎えた年の夏の終り、
私達は1週間の休暇をとってその記念旅行に出掛けることにしました。
温泉に浸かりながらゆっくりと過ごしたいという夫の希望もあり、
観光名所でない名もほとんど知られていない秘境の温泉地を選びました。

私は「昭子(あきこ)47歳」、夫は「雅夫(まさお)52歳」
夫は会社役員で、私は自営の仕事をしています。
子供は大学生になったばかりの娘がひとりいます。
家には義母もいて、ひとつ屋根の下で4人で暮らしています。

ですので…、夫婦の営みもそう思い通りにはいきません。
それに、もう歳も歳ですし、夫も私も忙しい身でもあり、
お互いに求めるのもはばかりながら、いつの間にか…
お恥ずかしい話ですが…。

でも、こうした二人きりの旅行では、環境の新鮮さが刺激となり、
また、仕事の責任から解かれた解放感もあり、
つい旅先での、夜の濃密な交わりを期待してしまいます。

実際に… 旅行が決まった数日後、
夫は私のために派手で卑猥な下着を買って来ました。
まるで… 娼婦がまとうような大胆な…。
驚きましたのは「大人の玩具」も、でした。

つい最近のことですが、夫の書庫を片付けている時に、
女性を縛っている雑誌を数冊見つけてしまったのです。
夫は今まで、私を縛りたい、とか言ったことはありません。
夫は真面目でありプライドが高いのです。

昨日、旅行の準備をした夫の鞄の中に縄が忍ばれてありました。
この旅行で夫は、私を縛りたいと誘ってくるのかもしれません。
私はその…、夫の言葉、成りゆきを想像しました。
そして …少し濡れました。

旅行当日の朝、
私たちはごく日常的な会話をし、支度をして、
そして、少し重くなった鞄をトランクに入れて、車に乗りました。
今、助手席の私は、夫の買ってくれた下着を付けています。
そして、付けた後、…また少し …濡らしてしまいました。

行き先は新潟県の山間部、人里離れた温泉郷、
日暮れ前には目的地に着く予定です。

{つづく}








そこは・・・



なにをする おつもりなんですか?

おねがいですから ほどいてください

そ それは いったいなんですか?

いや いや やめてください

どこ どこに? そこはだめ おねがい

いやです てをどけてください

ほんとに ほんとに やめて おねがいします

そこは そんなこと ぜったいにいや

ほんとに いれるのですか?

そんな そんな そんなむごいこと

なんでもしますから そこだけは

おねがいします ゆるしてください








心憂い



苦しくされるのがいいのか?

だったら此処にいればいい。

泣きたいときに泣けばいい。

叫ぶたいときに叫べばいい。

憂いているなら虐めてやる。

お前をじっと見ていてやる。








鞭打ち台



「鞭」で画像検索してみたら、

このような刑台が何点か出て来た。

二本の柱にそれぞれ手足を拘束する。

お腹のあたりに当ての布塊がある。

お尻を付き出すような格好になる。

柱がくの字に曲がった台もあった。

鞭打ちの他にも使えそうな傾斜。

こんな台にそなえ付けられたら…

さぁ どうします?








続きを読む

螺子



むしられて

いぢられて

なぶられて

ねじられて



みもだえて。








嬲り責め



赦しを乞うて泣き喚く

汗と涙と汁にまみれる躰

血の滲む幾くすじの傷痕

男達はそれをみて欲情する

嬲られるために鞭で打たれる

そして 感じる女にされる








女教師・剃毛



さぁ先生 始めましょうか。

なにって? 僕が手に持ってる物 見ればわかるでしょ。

カミソリとシェービングクリーム。

そう 下の毛を剃ってあげるんですよ。

先生 意外と毛深かかったんですね。

ここ剃るの 初めてですか?

前の旦那さんに剃ってもらったこと ないんですか?

そんなに嫌がらないでくださいよ。

あとで 僕も剃りますから ね。


あ そうだ いいもの見せてあげます。

これこれ いっぱいあるでしょ。 

通販で買ったんです。 先生のために。

毛を剃ったら さっそく使ってみましょうね。

あれ? 先生 下に敷いたタオル濡れてませんか?

汗? いや これ ねばねばしてますね。

これだったら シェービングクリーム 要らないかな?

じゃあ先生 剃りますよ 動かないでくださいね。

先生のここの毛 やわらかいなぁ。


きれいに 可愛くなってきてますよ。

45歳の先生が 少女のような… ほんとに可愛い…。

あ 先生 動かないで もうすぐだから。

今 お口の周り 剃ってるから感じちゃうんでしょうね。

すごくきれい はやくいれたくなってきちゃった。

つるつる同士 気持ちいいだろうなぁ ねぇ 先生?

また生えてきたら 剃ってあげましょうね。

さぁ できましたよ 洗ったら終りです。

あれ? 先生 また溢れてきましたよ。








カマキリとひと夏の出来事



フロントガラスのワイパーに引っ掛かっていた
15cmくらいの大きなカマキリ。

目の前のそのカマキリに運転席の女性が怯えていた。
朝の出勤途中、信号で車を止めた時にバックミラーを見て、
後続の様子が目に入った。黄色のHONDAフィット。
信号が青になり車が走り出して風に当たっても、
カマキリは挟まれてへばりついたまま。
次の信号で止まって再びバックミラーを見ると、
その女性が困った顔で恐る恐るガラスを叩いている。
泣きそうな顔にも見える。何かしゃべってる。
「お願いだからあっちへ行って」
聞こえはしないけど、たぶんその類いのことだろう。
カマキリの好きな女性なんてまずいない。

信号が変わるまで時間があったので、
車から下りて女性の車に小走りで近寄り、
そのカマキリを摘んで分離帯の緑地へ離してやった。
眼鏡をかけた彼女はハンドルを両手で持ったまま、
フロントガラス越しに微笑んでお辞儀をしてくれた。
僕も軽く笑って会釈を返す。
車に戻ると同時に信号が変わり、お互いの車が発進する。
次の交差点で彼女は右折、僕は直進。
右折するために車線変更した彼女はこちらを向き、
またペコリと頭を下げて追い越して行った。

数日経ったある日、
TUTAYAで女性から声をかけられる。
「この前、フロントガラスの虫を取ってくださった方ですよね」
「はぁ、、はい、、ああ、はい」
彼女は眼鏡をかけていなかった。
「ほんとにありがとうございました」
「いえいえ、、カマキリでしたね」
「ええ、、あの時、もう、どうしようかと思ってたんです」
「おかげで助かりました」
「僕が虫好きでよかったです」
何言ってんだろ?
「どこから飛んできたんですか?」
「車庫から出てくる途中に上からボトリと、、
 捕れなくてワイパー動かしたら挟まっちゃって」
「それは災難でしたね、あなたもカマキリも」
「ええ、ほんとに」
立ち話を少しして、また会釈を交わして別れた。
上手に会釈をするひとだ。
彼女はアラフォーな感じ。小柄でチャーミングだった。
ここのTUTAYAが最寄りだったらまた会えるかも?

彼女が店を出たのを見届けて、
新作の洋画2本、残りの2本はAVを借りて帰った。
なぜなら4本で900円なので…。

そういえば『かまきり夫人の告白』という成人映画があった、と思い出した。
五月みどりの主演だったような。
今度借りてみよう。でも、あるかな?

あのカマキリも大きかったから、たぶん成熟した雌。

分離帯じゃなくて、何処か草むらにでも放してあげればよかった。
交尾する雄を見つけられたのに…。





↓ 過去の作品ですが




11_9b.jpg



恥辱の菊



女将のいる部屋

女将「あら、中原先生、ご休憩なの?」
中原「ああ、、冷たいお茶をくれ」
女将「まぁ珍しい、お酒じゃなくていいんです?」
中原「いや、お茶でいい」
女将「ふふふ、随分気合いが入ってるみたいね」
  「汗びっしょりだし…」
中原「・・・・・」
女将「和子さん… 大丈夫かしら」
  「先生に責められて… 今、もうぐったり、、なんでしょうねぇ」
  「なんか、羨ましい…」
中原「…よく言うな、前、許してくださいって泣き喚いていたのは何処のどいつだ」
女将「だって・・先生…すごくて…」
  「狂い死にしちゃうって、、あの時、本気で思ったんだもん」
中原「それより女将、あの権蔵という男、どうにかしろ!」
  「襖から覗いてばかりいて気が散って仕方がない」
女将「あら、、また? ごめんなさい、よく注意しておくわ」
  
中原がお茶を飲み終える

中原「そろそろ戻る」
女将「あら、もう?」
中原「女将、ちょっと手伝ってくれ」
  「例のもの、準備して部屋まで持ってきてくれるか?」
女将「え?いいの? わっ、嬉しいぃ~~、ふふ」






続きを読む

紅染



唇を紅く

爪を紅く

縄を紅く



痕が紅く








女教師



とても綺麗ですよ 先生。

先生をこうして 裸にして縛るのが夢だったんです。

ずっと ずっと 今まで。

そう… 僕が高校3年のとき 先生が転任してきたんですよね。

そのとき先生は33歳 あれから12年。

でも僕のなかで 先生は全然変わっていない。

同窓会を率先して企画したのも 会いたかったからです。

幹事だから酔った先生をこうして介抱もできた。

やっと二人きりになれましたね。


憶えてます? 先生

SM雑誌を机の中に隠してたら 先生が見つけて取り上げたこと。

僕知ってたんですよ。

あの本 先生は捨てずに家に持って帰ったんでしょ?

ひとりでこっそり見てたんですか?

本当はね あの時隠してたんじゃなくて わざと先生に…。

先生? 先生は こうされるの嫌いじゃないんでしょ?

だって からだが火照って汗ばんでるし ほら…

あそこ 濡れてきてる。


ここ? ここは僕のマンション。

なにを?って ん~どうしようかなぁ。

恥ずかしい? そう すごく 恥ずかしいですね。

先生 あの本の中の写真 終りの方だったかな

1ページだけ くしゃくしゃになってたでしょ? 

染みもついてたと思う。

先生を思い出して 何度も 何度も射精したんです。

そう… うん これから同じことをしたい…。

僕の夢を叶えさせてくれますよね。






プロフィール

鐸(たく)

Author:鐸(たく)
中国地方在住。
50代男性。
自作の緊縛画、責め画を展示し、
その想いや色事を綴っています。
18歳未満のかた、
不快と感じられる方の
閲覧はご遠慮ください。

リンクはご自由に。(ご一報頂ければ有り難いです)
色々なご意見やご感想もお待ちしております。
メールフォームからもどうぞ。

ブロともさん募集中、気軽に声をかけてください。

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR