FC2ブログ

次回作予告(たぶん…)



三角木馬責めの画を作画中です。

張り型付き。



↓ 旧作ですが1点





ポンヌフの恋人







心に残る映画がある。

「ポンヌフの恋人」1991年のフランス映画。

舞台はセーヌ川に架かる閉鎖中のポンヌフ橋、
そこにホームレスとして暮らす青年アレックスと
眼の病に失望し家出した女画学生ミシェルの物語である。

実は、観始めてすぐ止めようかと思った。
青年の見窄らしい姿と奇行に、恋の物語への連想は難しかった。
舞台のポンヌフ橋も工事中で汚く埃とゴミだらけ、
あまりにもホームレスの傷みの描写がリアルすぎた。

物語の外観は「綺麗」ではない。
でも、観ているうちに「純粋さ」に引き込められる。
女画学生は自暴自棄な中で何か救いを求めている。
青年は自分の感情の正体を理解できず翻弄する。
執着、嫉妬、虚栄… そんな青年の不器用すぎる恋心。
怯えは狂気になる。迷いは絶望になる。

ただ想う純粋さが切なすぎる …苦しくなるほど。

恋愛物語というより、
人間の持つ本質的な感情を描いているような。

映像は普遍的なようで幻想的。
余分な装飾はない、それでいてディテールが美しい。

キャストの演技も素晴らしかった。
この映画でジュリエット・ビノシュに惹かれた。



そつなくかっこよく取り繕う恋愛がある。

お洒落な恋、生きるための愛。
いろいろあっていいと思う。

ジタバタしてもいいと思う



最後に、こんなエピソードがある。
監督したレオス・カラックスは途中、製作の予算が足りず、
自費でまかなうも借金苦で約10年間路頭に迷う羽目になる。
本当は、彼が目指す物語の結末は違っていたが、
金を貸してやるというプロデューサーの意向を渋々承諾し、
映画は完成した、そうだ。




8_30b.jpg




プロフィール

鐸(たく)

Author:鐸(たく)
中国地方在住。
50代男性。
自作の緊縛画、責め画を展示し、
その想いや色事を綴っています。
18歳未満のかた、
不快と感じられる方の
閲覧はご遠慮ください。

リンクはご自由に。(ご一報頂ければ有り難いです)
色々なご意見やご感想もお待ちしております。
メールフォームからもどうぞ。

ブロともさん募集中、気軽に声をかけてください。

最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR