FC2ブログ

屋根裏の散歩者

実相寺監督の「屋根裏の散歩者」を観た。
原作は江戸川乱歩。

屋根裏から覗き見る住人達の生態。

天からの視線、この構図が好きだ。
隅辺にある家具小物、そして包み込む空気感。
静止したものと蠢く(うごめく)もの。
部屋すべてが視野に入り、時間までもが連鎖する。

男女、女女の絡み。緊縛、責技。様々な性態を
主人公の男が天井裏を渡り歩き板間、節穴から覗き込む。

そして、覗くという行為…。

僕は高校生のとき偶然、隣家の窓から新婚妻の下着姿を見たことがある。
雑誌や写真集で女性の裸は見慣れていたけど、
その覗き見てしまった感動と胸騒ぎは今でも憶えている。

隣人はカーテンを締め灯りを消した。
その部屋は2階で寝室だとわかっていた。

もし、屋根裏への術があるなら覗き見たい…
そんな衝動が湧いていた。

屋根裏

裸足

学生のとき、美術史を履修していた。

その講義は一風少し?変わっていて、
西洋美術史における「裸足のエロティシズム」だったように思う。
眼鏡をかけ髭を蓄えた真面目そうな講師の執着が感じとれた。
ただ、局部的なエロティシズムを絵画の中に着目していたのは、
さながら強引だったようにも思っていた。

それが発端なのか、共感なのか、
それとも潜在していたものを引き出されたのか、
いずれにせよ、今の私に影響を及ぼしたのには間違いない。

熱心に語るその講師の論説にはいつも没頭させられていた。

その部位は踝(くるぶし)から下の部分。
講師が言うには、
人は誰しも少なからずコンプレックスを持っているそうだ。
歩く度に酷使し傷みやすい場所。
ついつい手入れの優先下位になりがちな末端。

そんな隠したい「裸足」を覗きみたい心理なのか。

フェティシズムの意味を検索してみた。
講師のフェチなる講釈は憶えていない。
でも、好きだから、だけでは片付けられない立場で、
万人に普遍性を説こうとする姿勢には好意を持っていたのは事実。

おかげさまで、
僕も「裸足フェチ」の仲間入りをしている。
拘りまでは達していないが、
つい裸足になっている女性を見ると凝視してしまう。
鎖骨、乳輪、腰肉、ふくらはぎ、声、他にも好きなパーツはあるが、
「裸足」特有の、美しさから逸脱したギャップを愉しんでいる。

だから、
裸足を描くときは慎重、そして不得意なのだ。

裸足

扉 其の二

絵を描き始める。

自慰を知らない少年は、
妄想を抱え込み、満たそうと必死だった。
描いては捨て、また描いては捨てる毎日。
親が寝静まった頃、勉強のふりをして参考書で隠しながら。

緊縛画。
最初は、あの挿絵を頭に浮かべ模写していた。
慣れると自分で思い描いたポーズをとらせた。
ネットのない時代… 参考にするのは、
離れた町の本屋でこそこそと成人雑誌の立ち見。
時には母親の裸体。

縄で絞られた乳房の描写には難儀していた。
(今でも得意ではないが)
授業中、無意識に教科書の端に乳房を描いて
慌てて消したことも何度かあった。

意味知れぬ欲情、勃起が収まらない毎日。

ふとした時に射精をした… そして安堵した。
これで解放される、止めどない支配に決着がつく。

それからは毎夜絵を描くことを控え、
落ちていた学力を取り戻すことにした。
欲情すれば絵は描かず自慰で済ます。
たまには描いていたが…。


そして、扉は閉じられた。でも、鍵はしないままに、、あえて。


中学1年生の秋だったと思う。
河原で焼け残された雑誌の紙片を見つける。

SM雑誌の小説の項だった。

小説の文面を読んでも、未知の綴りで描写を理解できない。
ただ、挿絵には「吊るされた裸体」が描かれている。

それでも必死に何度も繰り返し読んでいるうちに、
どうやら、男は女を倉庫に監禁して放置してるらしい。
が理解できた。
縛られ吊るされた女は股間から「液体」を垂らし床を濡らしている?
「液体」の意味がわからない…。

どうして囚われたのか、男が帰ってきてこの女は何をされるのか、
知りたかったけど前先は焦げていて読めなかった。
裸にされ縛れているだけでも目が眩むほどの刺激なのに、
ここからまた物語が始まろうとしている。

その後悶々としながら日々を過ごす。
誰にも話せない。

振り返るに、そのとき、
僕は「吊るされた女」に身を置いていたのだと思う。
確かに妄想は被虐側だった。

いつから逆転したのか憶えてないが、
して欲しいことを与える悦び、が、今でもあると思う。


こじ開けられた扉は開いたまま。
締めようとしないまま、だらしなく半開きだ。


はじめまして。

拙い絵ですが よろしくお願いいたします。

111_convert_20130221194222.jpg
プロフィール

鐸(たく)

Author:鐸(たく)
中国地方在住。
50代男性。
自作の緊縛画、責め画を展示し、
その想いや色事を綴っています。
18歳未満のかた、
不快と感じられる方の
閲覧はご遠慮ください。

リンクはご自由に。(ご一報頂ければ有り難いです)
色々なご意見やご感想もお待ちしております。
メールフォームからもどうぞ。

ブロともさん募集中、気軽に声をかけてください。

最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR