FC2ブログ

ポンヌフの恋人







心に残る映画がある。

「ポンヌフの恋人」1991年のフランス映画。

舞台はセーヌ川に架かる閉鎖中のポンヌフ橋、
そこにホームレスとして暮らす青年アレックスと
眼の病に失望し家出した女画学生ミシェルの物語である。

実は、観始めてすぐ止めようかと思った。
青年の見窄らしい姿と奇行に、恋の物語への連想は難しかった。
舞台のポンヌフ橋も工事中で汚く埃とゴミだらけ、
あまりにもホームレスの傷みの描写がリアルすぎた。

物語の外観は「綺麗」ではない。
でも、観ているうちに「純粋さ」に引き込められる。
女画学生は自暴自棄な中で何か救いを求めている。
青年は自分の感情の正体を理解できず翻弄する。
執着、嫉妬、虚栄… そんな青年の不器用すぎる恋心。
怯えは狂気になる。迷いは絶望になる。

ただ想う純粋さが切なすぎる …苦しくなるほど。

恋愛物語というより、
人間の持つ本質的な感情を描いているような。

映像は普遍的なようで幻想的。
余分な装飾はない、それでいてディテールが美しい。

キャストの演技も素晴らしかった。
この映画でジュリエット・ビノシュに惹かれた。



そつなくかっこよく取り繕う恋愛がある。

お洒落な恋、生きるための愛。
いろいろあっていいと思う。

ジタバタしてもいいと思う



最後に、こんなエピソードがある。
監督したレオス・カラックスは途中、製作の予算が足りず、
自費でまかなうも借金苦で約10年間路頭に迷う羽目になる。
本当は、彼が目指す物語の結末は違っていたが、
金を貸してやるというプロデューサーの意向を渋々承諾し、
映画は完成した、そうだ。




8_30b.jpg




誰かに背負われて



誰かに背負われて もう一度眠りたい

すやすや 寝息たてて もう一度眠りたい

ぼくを背負うひとは とても大きなひとだろう

ぼくが 本当の赤ん坊に 見えるために


誰かに背負われて もう一度夢見たい

哀しい想い忘れ もう一度夢見たい

ぼくを背負うひとは 永く生きたひとだろう

ぼくのため息が 泣き声に ひびくように 



好きな歌のひとつです。



「今は我慢することが必要です。
    言葉をお捨てなさい。
       言葉は石になります。」


或る小説の一文に心がとまった。

そして思いをめぐらせる。

軽い石、重い石、固い石。角張った石…。

投げても届かなかったり避けられたり。

転がって大概は置き去りにされる。

不意に跳ね返って自ら傷を負ったり、

足元に堕ちてきた石でつまずくことも。

石は積み重なり、やがて岩となり、

分厚い塀と化して自分の周りを取り囲む。

しかし塀は脆く、いつか崩れて押しつぶされる。



前を進むには寡黙に歩く。邪魔な石は捨てて。


(自己解釈)






『異聞・花と蛇』

奇才・団 鬼六氏の遺志を継ぎ、
小池一夫氏・叶 精作氏が描く「究極のエロス・狂気の世界」

生前の団氏と親交のあった小池一夫氏が、
その作家魂を見極めるべく
「団鬼六事務所」の協力を得て取り組んだ書。と、いうこと。

団 鬼六氏が求めた世界。
それが培われたエピソード。
また、座右の銘や言葉の数々。
作と画の二人がその想いを胸に
究極のエロスを求める旅が描かれている。

叶 精作氏の描く女性像も艶やかで美しい。
氏の描く緊縛画。
この本を求めたひとつの動機でもあった。

一巻を読み終わり、二巻への期待…
と、継ぎなる欲情が湧いてくる。待ち遠しい。


「眼の芯」に惹かれる。


(一部 抜粋文)






CRASH


2度以上観たくなる映画は滅多にない。
先日偶然、深夜TVのシネマ番組でその映画をやっていた。
午前3時過ぎまで、結局ENDまで観てしまった。これで4度目。

監督と脚本はポール・ハギス
他の作品に「ミリオンダラー・ベイビー」(脚本)がある。
共にアカデミー賞をとっている作品。
「硫黄島からの手紙」も製作総指揮で関わってたらしい。

その映画は「クラッシュ」。

人種差別、憎しみ哀しみ、苦悩、貧困、…
心の中にある様々な叫びが出会い、連鎖して物語は進んで行く。

幾多の感情は交錯し、複雑で、誤解や孤独を招くこともある。
真実の正義や愛に触れ、救われることもある。

生きるということは、皮肉な運命や絶望もあるかもしれない。
しかし、懸命に生きていれば希望や感動にきっと触れ合える。
それは深くて美しく、、時には奇跡的。

それは、寂しさを知る「ひと」が与えてくれるものだから。…だと思う


いい映画です。流れる音もいい。


公式サイト(英語)
http://www.crashfilm.com/






プロフィール

鐸(たく)

Author:鐸(たく)
中国地方在住。
50代男性。
自作の緊縛画、責め画を展示し、
その想いや色事を綴っています。
18歳未満のかた、
不快と感じられる方の
閲覧はご遠慮ください。

リンクはご自由に。(ご一報頂ければ有り難いです)
色々なご意見やご感想もお待ちしております。
メールフォームからもどうぞ。

ブロともさん募集中、気軽に声をかけてください。

最新記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR